anchor

TOP > ファンド情報 > バイリンガル > 特色

ファンド情報

基準価額一覧

お気に入りファンド一覧

動画コンテンツ一覧

スマートフォン用サイトのご案内

<フラットさん> パインブリッジ日本住宅金融支援機構債ファンド

パインブリッジ・キャピタル証券ファンド(為替ヘッジなし)/(為替ヘッジあり)

<ぼんさい>パインブリッジ日本企業外貨建て社債ファンド(為替ヘッジあり)
/(為替ヘッジなし)

<未来インフラ>パインブリッジ・グローバル・テクノロジー・インフラ・ファンド

未来インフラ 動画

テクノロジー・インフラ

市場情報

文字サイズ:小 文字サイズ:中 文字サイズ:大

最終更新日

<バイリンガル> パインブリッジ米国REITインカムファンド

特色1 パインブリッジ米国REITマザーファンドの受益証券への投資を通じて、主として米国の証券取引所に上場されているREITに投資を行います。
当ファンドは、ファミリーファンド方式で運用を行います。

<ファミリーファンド方式とは>

受益者からの資金をまとめてベビーファンドとし、その資金を主としてマザーファンドに投資することにより、実質的な運用をマザーファンドで行う、複数のファンドを合同運用する仕組みをいいます。

ファミリーファンド方式
マザーファンドは、他のベビーファンドが共有する可能性があります。
ページの先頭へ
特色2 マザーファンドの運用にあたっては、センタースクエア・インベストメント・マネジメント・エルエルシー(CenterSquare Investment Management LLC)に外貨建て資産の運用に関する権限を委託します。
センタースクエア・インベストメント・マネジメント・エルエルシーは、不動産投資顧問サービスを専門的に行う不動産運用のスペシャリストです。
ポートフォリオの構築にあたっては、個別銘柄の収益動向、配当利回り、バリュエーション、流動性等の各種分析に基づき、割安と判断される銘柄を選定します。
特定銘柄・特定セクターにかかるREITへの集中投資を避け、分散投資を行います。

[運用プロセス]
運用プロセス

※1 不動産セクターへの影響、地理的区域への影響。
※2 相対価値分析モデル、総資産価値分析、その他の価値分析。
※3 銘柄数については、資金状況等によって変更になることがあります。
※4 ポートフォリオの最適化(最小限のリスクで、最大のリターンを得るためのポートフォリオ構築)
※5 個別銘柄および組入比率の決定。
運用プロセス等は、今後変更となる場合があります。
ページの先頭へ
特色3 実質組入れの外貨建て資産について、為替ヘッジの有無により「Aコース」と「Bコース」の2つのコースがあります。また、両コース間でスイッチング(乗換え)ができます。
2つのコース
「Aコース」と「Bコース」およびスイッチングの取扱いについて、販売会社によっては、すべてをお取扱いするとは限りませんので、お申込みの販売会社へご確認ください。
ページの先頭へ
特色4 毎月20日(休業日の場合は翌営業日)に決算を行い、収益分配方針に基づいて分配を行います。なお、将来の分配金が保証されているものではなく、分配対象額が少額の場合等、分配を行わないことがあります。
REITから得られる配当等収益を中心に、原則として毎月分配を行います。
毎年6月20日および12月20日(休業日の場合は翌営業日)には、配当等収益に加えて、投資しているREITから得られたキャピタル・ゲインがある場合には、売買益からも分配を行います。

<毎月分配のイメージ図>

毎月分配のイメージ図
上記はイメージ図であり、将来の分配金のお支払いおよびその金額について示唆、保証するものではありません。
資金動向や市況動向によっては、前記のような運用ができない場合があります。
ページの先頭へ