anchor

TOP > 年金基金及び機関投資家のお客様 > リサーチ・レポート

文字サイズ:小 文字サイズ:中 文字サイズ:大

最終更新日2018年12月20日

リサーチ・レポート

PineBridge2019年投資見通し 景気サイクルを超えて
「2019年の投資見通し」について報告します。
投資対象資産毎のレポートを掲載しています。

PineBridge2018年見通し ディスラプション(創造的破壊)が生み出す投資機会
「2018年の市場見通し」について報告します。
投資対象資産毎のレポートを掲載しています。

PineBridge2017年見通し_変化を引き起こす触媒(カタリスト)
「2017年の市場見通し」について報告します。
投資対象資産毎のレポートを掲載しています。

金利正常化への道のり:金利環境が変化する中での債券投資
世界各国の中央銀行による異例の金融緩和が長期にわたり続いていましたが、米国において他国にさきがけて金利正常化に向けた動きが間近に迫っていることを踏まえると、投資家は新たなタイプの金利サイクルに向けて伝統的な債券ポートフォリオ戦略を見直す必要があると考えられます。本資料では、金利正常化に向けた新たな時代が到来した際におけるポートフォリオへの影響、及び、予想し得る状況について検証します。