anchor

TOP > 機関投資家のお客様 > 債券運用 > 運用プロセス

年金基金及び機関投資家のお客様

PineBridge Investmentsについて

文字サイズ:小 文字サイズ:中 文字サイズ:大

最終更新日2009年12月1日

債券運用プロセス

PineBridge Investmentsの債券運用は、定量・定性両面の評価を加味したチーム重視の調査を基盤とした投資プロセスに基づいています。 系統的なボトムアップ型の銘柄分析、能動的な業種と発行体のモニタリングを通してポジティブ/ネガティブのトレンドをつかみ、業種別、クレジット別、マチュリティ別資産をアクティブに管理します。

  • 独自のリスク・レーティング・システムと相対的バリュー・レーティングによる信用リスクの査定
  • 全銘柄において厳格なファンダメンタルズ、バリュエーション、テクニカル分析を実施
  • ポートフォリオ・マネジャー、アナリスト、トレーダーの三者間で協力して意思決定
  • 債券アセットアロケーション・チームによるアクティブなトップダウン・アセットアロケーション

債券運用プロセス

当社の運用プロセスを図示するためだけのものです。