ファンド情報

パインブリッジ・デイリー・ミックス・オープン(為替ヘッジあり)/(為替ヘッジなし)

ファンドレポート 運用報告書 投資信託説明書(目論見書)

※ 過去の運用報告書が必要な場合は、弊社お問い合わせ先までご請求ください。

リスクと留意点

当ファンドは、主としてマザーファンドへの投資を通じて、株価指数先物取引や債券先物取引等の値動きのある資産等を投資対象としているため、基準価額は変動します。また、外貨建資産には為替変動リスクもあります。したがって、当ファンドは預貯金とは異なり、元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。これらの運用による損益は、すべて投資者の皆様に帰属しますので、お申込みにあたりましては、当ファンドの内容・リスクを十分ご理解のうえ、お申込みください。
当ファンドが有する主なリスク要因は、以下の通りです。

価格変動リスク

当ファンドの主要投資対象である株価指数先物取引や債券先物取引の価格は、一般に、経済・社会情勢、株価変動、金利変動、市場の需給等の影響を受け変動します。組入資産の価格の下落は、当ファンドの基準価額を下落させる要因となります。また、当ファンドでは先物取引を活用し、レバレッジを利用した運用を行うため、先物取引の対象となる指数における比較的小さな値動きに対しても、大きな損失が発生する場合があります。

為替変動リスク

外貨建資産への投資には、為替変動リスクを伴います。一般に外国為替相場は、金利変動、政治・経済情勢、需給その他の様々な要因により変動します。この影響を受け外貨建資産の価格が変動し、基準価額が下落することがあります。当ファンドには、為替変動リスクを低減するため為替ヘッジを行う(為替ヘッジあり)と為替ヘッジを行わない(為替ヘッジなし)があり、それぞれの持つリスクが異なります。

  • (為替ヘッジあり):原則として為替ヘッジを行い、為替変動リスクの低減を図りますが、為替ヘッジを行うにあたり、ヘッジ対象通貨と円との金利差相当分のヘッジコストがかかります。金利差の縮小はヘッジコストの減少要因に、拡大はヘッジコストの増加要因になります。なお、ヘッジコストは需給要因等により変動することもあります。
  • (為替ヘッジなし):原則として為替ヘッジを行いませんので、為替変動の影響を直接的に受けます。

金利変動リスク

当ファンドでは実質的に、債券先物取引や米国短期国債に投資を行いますが、金利変動により先物価格や債券価格は変動します。一般に、金利が上昇した場合には債券価格は下落し、基準価額を下落させる要因となります。

信用リスク

有価証券等の発行体の財務状況や信用状況の悪化等の影響を受け、基準価額が下落することがあります。

流動性リスク

有価証券等を売買しようとする場合に、需給状況等により、希望する時期および価格で売買できないリスクをいいます。この影響を受け、基準価額が下落することがあります。

特定資産への集中投資リスク

当ファンドでは、株価指数先物取引や債券先物取引等に集中して投資するため、当該資産の価格変動の影響を大きく受けます。したがって、幅広い業種に分散投資するファンドと比較して、基準価額の変動が大きくなることがあります。

デリバティブリスク

金融契約に基づくデリバティブとよばれる金融派生商品を用いることがあり、その価値は基礎となる原資産価値などに依存し、またそれらによって変動します。デリバティブ取引を利用して純資産規模を上回る取引を行う場合、デリバティブの価値は、種類によっては、基礎となる原資産の価値以上に変動することがあります。また、デリバティブ取引の相手方の債務不履行により損失が発生することがあり、この場合には基準価額が下落する要因となります。先物の価格は、対象証券または指数の値動き、先物市場の需給等を反映して変動します。先物価格の下落により損失が発生し、基準価額が下落する要因となり、投資元本を割り込むことがあります。

レバレッジリスク

当ファンドでは株価指数先物取引や債券先物取引等を積極的に用いてレバレッジ取引を行います。したがって、株式や債券等の価格変動の影響を大きく受け、基準価額の変動が大きくなることが想定されます。

資産配分リスク

当ファンドでは、資産構成比率を調整します。固定比率で投資する場合と比較して、組入比率の調整は当ファンドの収益性を高める場合がある一方、収益率の低い資産への配分が比較的大きい場合もしくは収益率の高い資産への配分が比較的小さい場合、収益性を悪化させる場合もあります。

※収益分配金に関する留意点
収益分配は、計算期間中に発生した運用収益(経費控除後の配当等収益および評価益を含む売買益)を超えて行う場合があります。したがって、収益分配金の水準は必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示唆するものではありません。また、投資者の個別元本の状況によっては、収益分配金の一部または全部が、実質的に元本の一部払戻しに相当する場合があります。なお、収益分配金はファンドの純資産から支払われますので、分配金の支払いは純資産総額の減少につながり、基準価額の下落要因となります。計算期間中の運用収益を超えて分配を行った場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落することになります。

当ファンドのリスクは、上記に限定されるものではありません。